台所の排水溝の悪臭と水のトラブルの原因を解明

臭いやすい台所の排水溝への対策 臭いやすい台所の排水溝への対策

台所の排水口が臭う原因を探る

排水口

排水口の臭いは水のトラブルの中でも厄介なものですが、どうして臭いが発生するのか、原因解明を急ぎましょう。

悪臭の原因の見つけ方

ゴミ受けをチェック

排水口のゴミ受けに生ゴミや食べ残しが詰まっていると、悪臭の原因になります。放置すると台所が臭うので、毎日きれいに捨てましょう。生ゴミがたまっていたら、繁殖した細菌から臭いが出てくるリスクがあるため、全て綺麗に取り除きます。お料理をしている最中に出たゴミはビニール袋にまとめておいて、ゴミ受けには流さない習慣をつけましょう。

排水口の汚れをチェック

生ゴミには気をつけているご家庭でも、洗剤カスやホコリがたまってバクテリアが増えています。そのままにしておくと臭いの原因になりやすく、定期的なメンテナンスは不可欠です。お料理をした後に排水口にスプレーして数分放置、洗い流すタイプの漂白剤を使えば、毎日簡単に対策できます。ぬめりも気にならなくなってくるため、台所仕事がかなり楽になるはずです。汚れがついてからだと歯ブラシなどでこする手間がかかるので、事前の臭い対策を意識しましょう。

排水トラップのお椀をチェック

表面のフタを外すと、プラスチック素材の部品が出てきます。お椀型の形状をしていてゴミを受け止める役割がありますが、お掃除などの機会に外して付け忘れた状態だと、下水の臭いが上がってきます。排水口の臭い対策を考えるなら各部品を正しく設置することは大前提、お椀が見つからない場合には、メーカーに問い合わせをしてみましょう。

封水をチェック

排水口内部の封水が減っていると臭いが下から上がってきて、悪臭の原因になります。逆に深過ぎる場合には、生ゴミや異物が詰まりやすく、腐敗臭がするはずです。旅行などで数日台所を使わなかったときに臭いがひどくなる場合は、封水を補充すると改善できるケースがあります。また、夏場はとくに蒸発しやすいので、定期的にチェックすると安心でしょう。

TOPボタン